介護雑感43

先週1人の男性が。介護施設に入院を入賞された。その男性は?自宅で。自由気ままに。生活しておられたそうで。何しろ食事が気に入らない。朝から。モーニングコーヒー。サンドイッチ。その他。あれこれ。注文が多い。施設では?原則。朝食は?ご飯に味噌汁。ご飯の代わりに。が。ご飯の代わりにバターロールが。味噌汁の代わりに。コーンスープが。用意されているが。そのほかは?変える言葉。できない。何しろ?朝の。5時半に。ご飯を炊いて。15人分の。支度は?一時間程度で。終わらなければ。その日のスケジュールは?進まない。 このような。人が。多いと。また。周りのものは?私も。という要望が強くなってくる。この男性は?丸2日間。ほとんど。食事らしい食事はしていない。そして。体が痛い。お腹がすいた。トイレに行きたい。何しろ?夜夜中。この人、この人ひとりのために。何度も。何度も。介護。強いられ。強いられてしまう。

 

介護現場では?職階と言って。職員が。スプーンで。食事を。支えるけれども。どうしても?時間配分とかで。時間が早くなってしまったり。充分に時間がとれないのが現状である。正直に言えば。口に詰め込む。といった表現になってしまうのかもしれない。私たちは。毎日毎日。一生懸命であるけれども。それが。本当に?利用者のためになっているのか?ふと考える時がある。

 

私は。いつも介護を考えるとき。野生の。生物を。思い出す。もしも。ライオンが。食欲がなくて。年を取って。衰弱をして。食べたくなかったら?どうなるだろう?これが。私の。基準である。つまり。無理に。食べさせたくはないし。それが。本人のためになっていると思う。私は。あまり考えたことがない。

 

しかし。施設に。預けている家族から思えば。それは?クレームの対象として。とっておきの。材料になってしまう。上司も。まさか。ほっとけとは言えないし。なるべく。丁寧に。解除するように。どの指示になってしまう。

 
 

前の記事

介護雑感43