介護雑感79 モンロビア行きの列車

介護とは何だろう?私も、患者さんに近づきすぎて、施設長や看護婦長からたびたび

指導がはいり、決していいヘルパーとはなっていない。今回のコロナに対してもただ1人頑なにワクチン接種を拒んで打っていない。個人情報なのになのにみんな知っているし、私にだって言い分はある。強制ではないでしょ。介護施設だからといって私は自分の体調管理はしっかりしているし、問題はないでしょ?先日は、患者さんのお兄さんが亡くなり、身内は妹の私だけ、残された土地の相続ができるだろうからやってほしいと相談された。出来る事ならやってあげたいと会社に相談したがもちろんダメ。板挟みになって、悩んだがやらないという結論を出すまで、これでいいのかと悩んだ。

 

 

もう時効だけど、戦友に死ぬ前に1度会いたいと新潟まで訪ね、本人はいたけれど認知症で顔だけ、相手の家族からも非難されたが本人は話ができなかったけれど、直接上官である先輩にお礼が言えたことで、死ぬ決意が出来たと喜んでいただいた。

お亡くなる前日、病室で電気カミソリでひげをするように言われた。父を思い出した。終わって「ありがとう。さっぱりしたと笑顔でほほえんでくれた。それが、最期たっだ。火葬は、直葬でお通夜やお葬式は市と施設長が関わったので守秘義務でわからない。享年94才。

 

 

法や規則はまもらなければいけない。だけど今日、犬養道子さんのお話を伺ったときにそれよりも大切なことがあるような気がした。私は、いつ辞めても構わない。じぶんでしかできないことを少しでも残したい。介護という世界にマニュアル人間ばかりになったら怖い。私からみれば、立派に大学を卒業し、介護福祉士や看護師になっても、心のかよわない人たちの世界に支配されることが怖い。

 

 

モンロビア行きの列車

 

戦後間もない頃、日本人の女子留学生が一人、アメリカのニューヨークに留学した。
戦争直後の、日本が負けたばかりの頃なので、人種差別やいじめにもあった。そして、とうとう栄養失調になってしまい、体にも異変を感じ、病院に行ったところ、

重傷の肺結核だと言われた。戦後まもないころ、肺結核は死の病と言われた。

思い余って医者に、どうしたらいいか聞いたところ、「モンロビアに行きなさい。そこには素晴らしい設備を持ったサナトリウム(療養所)があるから」

と言われた。飛行機がまだ発達していない時代、ロサンゼルス近郊のモンロビアは、

ニューヨークから特急列車で5日間もかかる距離だった。当時、汽車賃さえない彼女は、死ぬよりはましだと、恥ずかしい思いをして、知人や留学生仲間に頼み込み、カンパしてもらって、列車のお金を集めた。しかし、食料までは手が回らず、3日分を集めるのがやっとだった。治療費は、日本にいる両親が、家や田畑を売り払ってもなんとかするから、という言葉を証明書代わりに、列車に乗った。列車では、発熱と嘔吐が続き、満足に食事もできなかったが、それでも、とうとう3日目には、食料がつきてしまった。そして、なけなしの最後に残ったお金を出し、車掌にジュースを頼んだ。
ジュースを持ってきた車掌は、彼女の顔をのぞきこみ、「あなたは重病ですね」と言った。彼女は、「結核となってしまい、モンロビアまで行く途中ですが、

そこまで行けば、もしかしたら助かるかもしれない」、ということを正直に話をした。
車掌は、「ジュースを飲んで元気になりなさい。きっと助かる」とやさしい言葉をかけてくれた。翌日の朝、車掌が、「これは私からのプレゼントだ。飲んで食べて、早く元気になりなさい」と言って、ジュースとサンドイッチを持ってきてくれた。4日目の夕方、突然車内に放送が流れた。「乗客の皆さま、この列車には日本人の女子留学生が乗っています。彼女は重病です。ワシントンの鉄道省に電報を打ち、会議してもらった結果、

この列車をモンロビアで臨時停車させなさいという指令がきました。朝一番に止まるのは、終着駅のロサンゼルスではありません。

 

 

これは、現在で言えば新幹線を臨時停車させるくらい大変なことだ。次の日の夜明け前に、モンロビアに臨時停車し、他の乗客に気づかれないように静かに駅に降りたところ、そこには車椅子を持った看護婦さん達が数人待機していてくれた。車椅子に乗せてもらい行こうとしたら、なぜか列車がざわざわしているので、振り返ってみてびっくりした。一等、二等はもとより、全ての列車の窓と言う窓が開き、アメリカ人の乗客が身を乗り出して口々に何か言っていた。

 

最初は、日本人である自分に何か嫌なことを言っているのかと思ったが、そうではなかった。名刺や、住所や電話番号を書いた紙切れなどに、ドル紙幣をはさんだものが、まるで紙吹雪のように、投げられた。「死んではいけない。きっと助かるから、安心しなさい」、「人の声が聞きたくなったら、私のところに電話をかけてきなさい」、「手紙を書きなさい。寂しかったら、いつでもいいよ」と口々に声をかけてくれていたのだ。彼女は、4.5メートル先に停(と)まっているはずの列車が涙で見えなかったという。結局、3年間入院したが、その間、毎週毎週、見知らぬアメリカ人が見舞いに来てくれたが、これも列車の乗客だった。そして、3年間の膨大な手術費と治療費を払って出ようとしたら、乗客の中の一人のお金持ちがすべて匿名でお金を払った後だった、という。

 

       人を思いやる気持ちと、人に利益を   

   もたらすことが、すべての根本。   ♡

♡   ありがとう。感謝

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

  返信転送