介護雑感54

排便は、午前に。健康な方の規則正しいお通じは、朝に、24時間を3つに別けると、入れる時間、出す時間、休む時間に別れる。休む時間は20時から4時、出す時間は4時から12時、入れる時間は12時から20時。動物達の行動をみても、夜行性動物は別として、日が沈んだら、寝る時間が当たり前。

介護施設では、みんな病気だし、時間もわからなくなり、夜に排便が多くなることに気がついた。排便記録に三日ないと、まず下剤を服薬。作用が強いと、1~2時間後には反応がでて、トイレに!

特に大変なのが、真夜中オムツでは間に合わす、布団の中での排便、水溶性のお年寄りの便は特に一人ずつ臭いし、布団を汚すと、消毒、洗濯もう大変。介護とは、上のお口と下のお口のお世話することなり。

夜勤の、最初の頃に引き継ぎの際に、夜勤の人は、時間があるのだから、布団迄汚さないように気きをつけてよ。ときつく言われてビビった。洗濯や消毒、布団干しが大変なのは、よく理解出来てもコントロール出来ないものについて、あれこれ文句をいわれれば、心は傷つく。

みんな病気で、昼間も直ぐに横になるから、夜寝られない。寝られないので、騒ぐ。先日、隠れてベッドでタバコを吸った痕跡を見つけた。これば、火災発生の原因になるから厳重注意。施設利用者は、自分だけしかかんがえていないから、いたちごっこ。全てが介護。

71歳になって、夜勤は最近はしんどくなってきた。仮眠は延べ4時間くらいはある。家では夜中の2時3時までパソコンに夢中でも、用事があれば4時間でもOK。だけど、同じ4時間でもいつコールがなるかわからない状態では、勿論熟睡はできない。仕事柄、深夜に働いている人の数は、想像以上に多いかも知れない。

 

前の記事

介護雑感53

次の記事

介護雑感55