100歳更新なにがめでたい

100歳の人口が最高を更新した。なにがめでたいの?長生きすることは大事ですか?みんな元気に、医療費がかからないで

元気に暮らしているなら何ら問題ない、しかし、寝たきり世界一の日本が、誇れる記録でもないだろう。

私は、長生きという物差しではなくて、どれくらい充実した人生であったか?人のために役立った人生であったか

そんな物差しでとらえている。

04年後:日本の人口の3割が高齢者に。700万介護(20%)

20年後:医療費・介護費が94.7兆円。

43年後:日本の人口1億人割れ、100

66年後:日本の人口6814万人

来週月曜日は敬老の日ですが、全国で100歳以上の高齢者が8万6000人余りと、これまでで最も多くなったことが分かりました。  厚生労働省によりますと、今月1日時点で100歳以上の高齢者は去年より6060人増えて8万6510人でした。  このうち女性が7万6450人で、9割近くを占めています。  国内最高齢は福岡市に住む田中カ子さんで、1903年・明治36年生まれの118歳です。  都道府県別で見ると、10万人あたりの100歳以上の人数が最も多いのは9年連続で島根県で、少ないのは32年連続で埼玉県でした。  100歳以上の人数は51年連続で過去最多を更新していて、初めて1万人を超えた1998年から比べて8倍以上に増えています。

 

国内の人口を増やす道は、一つしかない。海外に土地を開放すること、つまり地球人であれば日本に住める。

それは、移民ばかりの日本の姿でない。中国人、韓国人その他いっぱい

はっきりいえば、大国に日本が乗っ取られることである。

日本の地図が真っ赤(中国のある市)になり、日本列島の中身に日本人はいない。

最も、日本という言葉すらないかもしれない。

前の記事

介護雑感21

次の記事

介護雑感22